スマートメータが持つ機能

次世代電力ネットワークといわれる「スマートグリッド」について、基本的な仕組みから導入によってもたらされる変化などをわかりやすくまとめています。
MENU

スマートメータが持つ機能

電力会社を乗り換えるにはスマートメーターへの交換は必須となります。また、従来の電力メーターの使用期限を迎えるタイミングでもスマートメーターへと交換されます。

 

では、これから順次取り替えられていくスマートメーターにはどのような機能が備わっているのでしょうか。

 

スマートメーターには双方向通信機能に加え、各家庭の電気使用量を30分ごとに自動計測するという機能があります。
従来は月に1度だけの検針で電気使用量を測っていたため、月単位の合計でしか電気使用量を把握することができませんでした。

 

月単位では、季節ごとの傾向はわかるものの、曜日や時間帯による違いはわかりませんでした。

 

それが30分単位で自動計測することで、詳細な電気使用量を把握することができるようになります。

 

そして、この自動計測機能を生かした様々なサービスを各電力会社が用意しています。

 

例えば、電気の利用状況を確認できる無料インターネットサービスを各電力会社で提供しています。(東京電力「でんき家計簿」、関西電力「はぴeみる電」、中部電力「カテエネ」など)

 

毎月の電気使用量や電気代だけでなく、30分ごとの使用量を画面でわかりやすく確認することができます。
これはとても便利なサービスで、電気を多く使っている曜日や時間帯がはっきりわかるので、節約するためには重宝します。

 

他にもスマートメーターにより、契約アンペア数の変更や電気開通工事なども作業員が各家庭を訪れる必要がなくなり、手続きが容易になります。

 

スマートハウスとの融合

スマートハウスとは、太陽光パネルで電気をつくり出す「創エネ」や、発電した電気を貯める「蓄エネ」という機能を備え、かつ、そのエネルギーをスマート(賢く)に使える新しいタイプの住宅のことです。

 

スマートハウスでは「HEMS(ヘムズ)」という技術が要となります。
HEMSはホーム・エネルギー・マネージメント・システムの略で、家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムのことです。

 

家庭内の電気機器をつなげ、お互いの利用状況をリアルタイムで「見える化」して把握・コントロールします。
例えば、照明器具や空調機器、テレビ、冷蔵庫といったHEMS対応家電を、HEMSによってコントロールすることができます。

 

スマートメーターもHEMS対応危機のひとつであり、スマートハウスには必須となるものです。

 

スマートメーターが他のHEMS対応機器とつながることで、電気使用量を宅内に設置してあるモニターでリアルタイムで細かく把握することができます。さらに、パソコンやスマートフォンなどを使用して野外からも確認できます。

 

政府は2030年までに全ての家庭にHEMSを設置することを目指しています。

 

このページの先頭へ